長期優良住宅

長期優良住宅という言葉をよく耳にします。その名の通り、“優れた住まい”ということはなんとなく想像できますが、では具体的には、どんな家のことを指すのでしょう。これまでの日本の住宅は、「古くなったら壊す」というフロー型が主流でした。欧米の住宅と比較すると、アメリカでの住宅寿命は約55年、イギリスは約77年なのに対し、日本は30年。一般的な住宅ローン返済期間が30〜35年であることを考えると、ローン返済が終わる頃には、もはや次の建て替えを考えなければならないという状態なのです。
「ずっと長持ちする家をつくり、大切に使い続けていこう」。そんなストック型へ転換し、数十年後でも資産価値の高い住まいをつくろうという考えのもと、2009年に国は寿命の長い住宅の普及・支援を目的に長期優良住宅の認定事業をスタートさせました。ここに長期優良住宅が誕生したのです。

長期優良住宅には、認定基準が設けられています。「劣化対策」「耐震性」「維持管理・更新の容易性」「可変性」「バリアフリー性」「省エネルギー性」「居住環境」「住戸面積」「維持保全計画」の9つの観点から、高い基準に適合した住宅だけが長期優良住宅として認定されます。
たとえば劣化対策においては、「数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること」が定められています。これは通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置です。また耐震性においては、「建築基準法レベルの1.25倍の自信にも倒壊しないこと」が求められます。このように長期優良住宅は、長く安心して、快適に住まい続けられる家として、高い資産価値を有するものなのです。子ども、孫の世代まで受け継いでいける住まいなのです。

では、長期優良住宅に認定されることで、その他にどんなメリットがあるのでしょうか。
長期優良住宅には、お得な優遇制度があります。それは「減税」「金利」です。まず減税ですが、住宅ローン減税が一般的な住宅よりも優遇されます。2012年に入居した場合、10年間で最大400万円所得税控除が可能となります。また固定資産税は当初5年間が1/2軽減されますし、投資型減税措置による所得税減税や不動産取得税、登録免許税なども軽減・優遇されます。「金利」については、住宅金融支援機構のフラット35Sエコの金利が、基準金利から0.7%引き下げられます(期間はプランにより異なる)。
これからの賢い家づくりのキーポイントは、安心・快適性を高め、資産価値を保つ「長期優良住宅」にありそうです。一度、検討してみてはいかがでしょう。

パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画 大峰山とは
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請mem