サワダ(建)不動産

路線価図・倍率表の見方

行政が発表する地価で、代表的なものが二つあります。
●国土交通省が発表する「公示地価
●財務省が発表する「路線価

路線価図
毎年1月1日現在の路線価を7月上旬に発表されます。

路線価は国税庁が発表していますが、2種類の路線価が有る。
●相続税に関する路線価は国税庁が算定。
●固定資産税路線価については各市町村が算定。

例えば平成18年中の相続及び贈与の土地の評価は、平成18年の路線価・倍率を使って評価します。今回は、ざっくりとした評価をしたいときの路線価図・倍率表の使い方をご説明します。

文章:天野 隆(All About「相続・相続税」旧ガイド)

平成18年中の相続及び贈与の土地の評価は、平成18年の路線価・倍率を使って評価します。今回は、ざっくりとした評価をしたいときの路線価図・倍率表の使い方をご説明します。

路線価図1 一方のみ道路に面している場合


路線価


上図の300Cとは、1平米当り千円単位で表示されていて、300千円/平米で、借地権割合※が7割という意味です。※借地権割合 A=90% B=80% C=70% D=60% E=50 F=40% G=30%
例.上記の土地が200平米である場合
■自用地(更地)の評価
300千円×200平米=60,000千円
■借地権の評価
60,000千円×70%=42,000千円
■貸地の評価(借地権部分を控除)
60,000千円×(1?70%)=18,000千円
■貸家建付地(アパート)の評価(借地権と借家権割合30%(大阪市の一部は40%)を考慮)
60,000千円×(1?70%×30%)=47,400千円

路線価図2 2つの道路に面している場合(側方)


画像の代替テキスト


2つ以上の道路に面している場合には、使い勝手が良いとのことで少し評価が上がります。
上図のような面し方をしている場合には、路線価の高い方を正面として、低い方を側方とします。この土地は、下記「地区及びその適用範囲」の表から普通住宅地区であることが分かります。この場合には、正面路線価に側方200千円の5%(下記「側方路線影響加算率表」から)を加え下記の評価となります。
(300千円+200千円×0.05)×200平米=62,000千円
借地権、貸地、貸家建付地は、62,000千円をベースに前述の方法により評価します。
※異なる2以上の借地権割合がある場合には、正面路線価に付されている割合を適用する。

画像の代替テキスト
側方路線影響加算率表
不動産売買の手続き 不動産の売買諸費用 固定資産税 住民税の計算 不動産関係法令 不動産仲介報酬形態 遺言書の作成 不動産の媒介契約 売買契約書の作成 不動産の検索 住宅ローン  成年後見人 不動産の査定 資金計画 不動産と相続 不動産と収用法 不動産の仲介手数料 不動産の賃貸諸費用 不動産の測量登記 不動産の中古ローン減税 不動産の税金 賃貸住宅の税金 路線価図の見方 公示地価
パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画 大峰山とは
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請mem