遺言書の作成 サワダ(建)不動産

自筆証書遺言は文字通り、遺言者がその全文を自分で書いて作成します。
作成のポイントは@日付、A氏名、B押印です。

日付が特定できない場合は無効となるおそれがあります。作成年月日を正確に記入しましょう。押印は認印でもよいとされています。

文字を訂正する場合
先ず、訂正部分を二重線で消し署名に使用した印鑑で押印します。その横に正しい文字を記入し、余白部分に
何字加入、何字削除と記載して署名します。

遺言書の封筒
遺言書は必ずしも封筒に入れる必要はありませんが、封をする場合は誤って紛失したり、検認前に開封されてしまうということを防ぐために図のように記入しておきます。


   




公正証書遺言の作成

遺言の内容をまとめ(メモ書きでもOK)次のものを用意します。
@ 遺言者本人の戸籍謄本、印鑑登録証明書
A 財産を相続人以外の人に遺贈する場合には、その人の住民票
B 財産目録、財産の中に不動産がある場合には不動産登記簿謄本と
固定資産評価証明書又は固定資産税納税通知書
C 証人予定者の氏名、住所、生年月日および職業をメモした


公証人と打ち合わせ
どんな遺言書を作成したいかを公証人に伝え、遺言作成日を決めます。この時に準備した資料等を持参します。

作成日当日
■証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口述します。
■公証人が遺言書の内容を遺言者と証人に読み聞かせます。
■遺言者と証人はその内容が正確であることを承認した上で署名押印し最後に公証人が署名押印します。
■公正証書遺言の「正本」と「謄本」が遺言者に交付されます
*(「原本」は公証役場で保管されます)。

※事案に応じ他にも資料が必要になる場合がございます。
※未成年者や相続人となる人、遺贈を受ける人などは証人になることができません
不動産売買の手続き 不動産の売買諸費用 固定資産税 住民税の計算 不動産関係法令 不動産仲介報酬形態 遺言書の作成 不動産の媒介契約 売買契約書の作成 不動産の検索 住宅ローン  成年後見人 不動産の査定 資金計画 不動産と相続 不動産と収用法 不動産の仲介手数料 不動産の賃貸諸費用 不動産の測量登記 不動産の中古ローン減税 不動産の税金 
個人情報の保護方針プライバシー・ポリシー保有個人データの開示等の諸手続きについて
耐震診断 建築検査 施工図 確認申請 退去時トラブル